「折花神社」(相模原市緑区青根)



御祭神:折花姫

(案内板より)
折花神社には幾つかのいわれがあります。その1つは、折花姫の父は武田勝頼の家臣で小山田六右エ門といい、武田家滅亡と共に、この地へ逃れたものの敵の手により悲しい最期を遂げた説や、折花姫は平家落武者のまな娘でその悲話などです。
このように周辺には折花姫にまつわる多くの伝説が今でも残され、地名となり今のわたくしたちに語り継がれています。古くから折花神社は山の安全、旅の安全や、家族の守り神として、この里の人々に信仰されています。そして今では縁結びの神様、長寿の神様として人々に敬愛されています。折花姫は、この里でわたくしたちを守っております。

関連記事:「ババァ宮」「ジジィ宮









より大きな地図で 相模国「愛甲郡北部」 を表示

2012年12月5日参拝